検診で大腸がんをブロック|まさかの事態を切り抜ける術

自覚症状のないがん

女性

卵巣がんは、女性のみにある卵巣という臓器に発症するがんです。卵巣は、卵子を作り出す臓器で、子宮の左右に二つあります。卵巣が成熟してくる十代から六十代までの間、女性なら誰でもなる可能性があります。もともとは欧米人の発症確率が高く、日本人はそこまで患者は多くありませんでしたが、近年では患者が増加傾向にあります。その理由としては、女性の寿命が長くなったこと、出産回数の減少、妊娠しない人の増加などがあります。特に大きいのが出産回数の減少と妊娠しない人の増加です。卵巣がんは卵巣を使う回数が多いほどなる可能性があがります。妊娠中は月経がなくなり卵巣を使わないのでリスクが下がります。その期間がない人ほど卵巣がんになる確率が高くなります。

卵巣がんはサイレントキラーとよばれるほど初期症状がないがんです。そのため、自覚症状を感じたときにはかなりがんが進行していることも少なくありません。卵巣がんは良性であることが多いがんではありますが、腫瘍が見つかれば何らかの処置をする必要があり、早ければ早いほどよいのは間違いありません。自覚できる初期症状としては、腹部の膨満感、食事量の低下や満腹感を感じるのが早くなること、腰痛、下腹部痛などがあります。しかし、これらの症状はほかの病気の症状とも似ているためこうした症状から判断するのは難しいです。早期発見のためには定期的ながん検診がかかせません。特に四十代を超えたら定期的にがん検診を受けるよう心がけましょう。